予算消化とは? 予算消化の効率的な使い道を紹介します!

【アイキャッチ画像】予算消化とは?

良くも悪くも余ってしまった『予算』を使い切るには?

「予算は余ってもいい!」なんて、企業のお偉いさん方は言うでしょう。
確かに会社全体でみれば、無理に予算を使い切る必要はなく、余った分は次年度以降の資金として温存しておくのが理にかなっています。

でも現実には、予算が余ってしまうと次年度の予算を削られかねない・・・というのも事情もありますよね。
本記事では、そんな歯がゆさのある予算の、効果的な使い道をご紹介します!

目次

予算計画と予算取り

国・自治体は勿論のこと、企業でも何かを行うためには、まず予算を立てることと思います。

企業の大きな目的の一つは、利益を出すこと。
利益を最大化し、中長期の利益目標を達成するためには、持てる資金を部署や事業所などに適切に配分する必要があります。

では、どのように配分を決めればいいのか?
その判断基準となるのが、部署や事業所ごとに立てる1会計年度分の「予算計画」です。

各部署、各事業所それぞれで、特に年度末前の1~2ヶ月は、予算を確保すべく綿密な計画を立てるところが多いと思います。どのような企画でも、基本的には潤沢な資金があるかどうかで企画の質・成功に大きく影響が出てきます。
すなわち、次年度において質・成功率ともに高い企画を遂行するためには、「予算取り」が重要となるわけですね。

次年度の予算を確保するには

ただ、限りのある事業資金の中で十分な予算を確保するためにはどうすればよいでしょうか?
「それ相応の素晴らしい企画を立てる」のは当たり前ですが、まず初めにクリアすべきは、「前年度の予算を年度末までに使い切ること」です。

翌年度(翌期)の計画は、前年度どれだけ予算を使ったかの実績を元に策定されるのが通例です。それぞれの事業が、どれだけの維持費を必要とするかについて見直しを毎年行うのです。

このとき予算が余ると・・・基本的にはその分は必要が無いとみなされ、翌年度分はカットされてしまうことがあります。

大きな企業であればあるほど、この部分はしっかりと決められています。
前年度に配分された予算をしっかりと使い切ることが、次の企画の予算取りに幾分か反映されてくるでしょう。

本来であれば、予算内に利益が出せるのは素晴らしいことなのですが・・・
このような背景を考慮すると、前年度の予算を使い切ることも考えた方が良さそうです。

残った予算の使い道

最近では、FacebookやTwitterなどのSNS広告に、残った予算を投入することが増えているようです。ただ、こちらは目に見える物ではないうえ、本当に広告としてweb掲載されているかどうかも怪しく「資金の使い捨て」感が否めないため、会計方には「モヤっと」されている場合もあるようです。

SNSが多用される以前の予算消化方法と言えば、ボールペンや付箋等の事務用品に社名や会社ロゴを印刷し、社内の備品に使ったり顧客訪問時のノベルティとしてお渡ししたりするのが定番でした。

ここ数年はコロナの影響もあり、営業の方が会社訪問したり展示会を開く機会も減少しておりましたが、経済が動き出した昨今、積極的に企業訪問をされたり、展示会の開催を行ったり活発な企業活動が再開されつつあります。

どんな大手企業でも、相手の担当者は人間です。
訪問先への手土産や、会社のロゴ・社名・連絡先が入ったノベルティを渡されて、悪い気がする人はいません。むしろ、ほとんどの人は嬉しいものです。

特に「これ欲しかったんですよ!」と喜ばれる商品であれば、手元に長く置いてもらえます。まさに、ノベルティとしての役割を十分に発揮することが出来ます。

前年度に残ってしまった予算を有効利用するために、多くの人にとって使い勝手の良い、見栄えのする商品に、社名・連絡先を名入れ印刷し、ノベルティを製作するのは如何でしょうか?

予算消化にオススメのノベルティ

「ノベルティ」といっても、その種類は多種多様で探すのが大変です。

そこで販促メッセお薦めのアイテム・ジャンルを、いくつかピックアップしてみました!
ぜひ参考にしてみてください。

SDGs対応のボールペン/鉛筆

リル 4色コルクボールペン
リル 4色コルクボールペン
タッチペン付3色+1色スリムペン(再生ABS)
タッチペン付3色+1色スリムペン(再生ABS)
ノック式半永久鉛筆
ノック式半永久鉛筆

近年注目されているエコグッズ。たくさんの種類の中から、ノベルティの定番であるペン類をピックアップ。
訪問先の担当者にお渡しする際にも、単なるボールペンとは違いますから、SDGsを話の糸口にすることも可能ではないでしょうか?

シンプルなデザインが多く、ペンのボディに名入れも可能です。
次年度の予算取りとともに、フレッシュマンと一緒に回る営業時にも社名入りノベルティは必ず役に立つはずです。

さくらグッズ

4月から翌年3月までを会計年度とする会社や団体は多いはず。
時期的にはちょうど春が訪れるタイミング。ということで、温かく華やかな気分にさせてくれる「さくらグッズ」はいかがでしょうか?

今治さくらタオルハンカチ
今治さくらタオルハンカチ
さくらダイカットスポンジ&クロスセット
さくらダイカットスポンジ&クロスセット
さくらさく マチありコットンバッグ
さくらさく マチありコットンバッグ

年度末または新年度のご異動・お引越しに関係するご挨拶用に、食品もオススメです。
春の食品は以下特集ページにも纏めていますので、ぜひ探してみてください。

春の味覚
春の味覚 特集ページは こちら

ここで紹介した以外にも、エコラボジャパンが運営する販促メッセでは多種多様なアイテムをご用意しております。
ノベルティの選定にお困りの際は、ご遠慮なくお声掛け下さい。
販促メッセをご愛顧いただけますと幸いです。

販促メッセ-リンク画像

千客万来 販促メッセ

販促品・ノベルティの総合サイト
企業様や店舗様での開店・開業・周年記念、展示会でのノベルティ等、「無い物を探すのが難しい」多種多様な商品を取り扱っております。

【アイキャッチ画像】予算消化とは?

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次