最新の転写印刷技術/DTFプリントのご紹介

DTF(Direct To Film)プリントとは、近年デジタルプリント業界で注目を集めているプリント方法の一つです。

エコラボジャパンでは、ノベルティ(販促品)への名入れやオリジナルグッズ製作のニーズにお応えすべく、最先端の転写印刷が行える『DTFプリンター』を導入しました。

DTFプリンター

これまでに、エコバッグやブランケットをはじめとする多くのノベルティ、販促品にプリントしてきました。
その鮮明な印刷に、一部のお客様からリピートオーダーをいただくほどの評価を得ております。

本記事では、1年以上に渡る著者の経験に基づき、DTFプリントの仕組みからメリット・デメリットなどをご紹介します。

目次

DTFプリントとは「新しい熱転写印刷」

DTFプリントとは、熱転写印刷の1つです。

DTG(Direct To Garment)プリントのように、デザインを衣料品や布地に直接印刷しません。
まず特殊なシートにデザインをプリントしてから、熱プレスでシート上のデザインを対象物に転写することでプリントします。

DTFプリントと従来の熱転写印刷の違い

ざっくり違いを述べると、転写シートの作り方が異なります。

従来の熱転写印刷

あらかじめ特殊な糊が付いているシートに、デザインを印刷

DTFプリント

糊が付いていないシートにデザインを印刷し、デザイン上に糊付けを行う

従来の方法では、もともとシート全体に糊が塗布されているシートを使うため、デザインが印刷されていない部分は除去(カス取りやリタック)する必要がありました。

一方、DTFプリントでは、デザイン部分のみに糊を塗布するため、このような除去工程は不要です。
また、使用する糊の量も最小限になり、材料面のコストカットにもなります。

DTFプリントの手順

STEP1~4を纏めた動画はこちら
STEP
転写シートにデザインをプリントする

CMYKインクを使って、フィルム上にデザインをプリントします。

STEP
CMYKインクの上に、さらに白インクを塗布

STEP1でプリントしたデザインの上に、白インクを塗布します。
白インクは、STEP3で糊パウダーを塗布するときに必要です。

CMYKと白インクで印刷中の様子
DTFプリンターで転写シートに印刷中の様子。
まずCMYKインクで印刷し、その後デザイン全体に白インクを塗布します。

デザインが白色の部分はこの段階でプリントされます。

STEP
白インクの上に糊パウダーを塗布

デザインがプリントされたシート上に、糊パウダーを振りかけます。
パウダーは白インク部分(=デザイン部分)のみに付着します。

デザイン以外の部分に糊は不要なため、振動で弾き落とします。

糊パウダーを塗布した状態(乾燥前)
糊パウダーを振りかけ、余分なパウダーを落とした後の状態。
パウダーがデザイン(インク)の上にひっつきます。

弾き落とした糊パウダーは後で回収し再利用するため、無駄になりません。

STEP
白インク上の糊パウダーを固着

パウダーが付着したシートを乾燥機に通し、パウダーを溶解 ⇒ 硬化させます。
これで転写シートの完成です。

パウダー乾燥後の状態
高温の乾燥機に通すことで、パウダーが固着します。
乾燥後の表面の状態
ちなみに、表面はこのようになっています。

エコラボジャパンのDTFプリンターでは、STEP1~4までのプロセスを連続で実行します。

STEP
シートを印刷対象物にセットし、熱プレスで転写印刷

シートができたら、あとは基本的に従来の熱転写印刷と同じです。

作成した転写シートを適当なサイズにカット&印刷対象物の上にセットし、熱プレスを行います。
シート上のデザインがグッズへ転写し、プリント完了です。

DTFプリントの特徴

DTFプリントは、 少量短期間 で、 高品質フルカラー デザインを印刷したい場合に適しています。

一方、大量生産時での短納期対応や、品質よりコストダウンを求める場合には、シルク印刷など他のプリント方法が望ましいです。

素材の多様性

コットン、ポリエステル、ナイロン、不織布などの繊維素材に印刷できます。
(紙など、繊維以外に印刷できる場合もあります。)

高品質プリント

シルク印刷よりも鮮明にデザインを印刷できます。
またフルカラーに対応しており、グラデーションもきれいに再現できます。

高耐久性

洗濯や摩擦などによって色あせしにくいです。

小ロット対応

「版」が不要ですぐ印刷工程に進められるため、小ロットの印刷に向いています。
(1個でも印刷対応可能です。)

低工数

従来の熱転写に比べて手間が少なく、生産性が高いです。

表面が平らの繊維素材のみ対応

ペンやタンブラーなど、表面が湾曲していて平らでない素材へは印刷できません。これらへの印刷は パッド印刷 が適しています。

また、表面が平でも繊維以外の素材(プラスチックやガラスなど)へは、原則印刷できません。パッド印刷やインクジェット印刷で対応することになります。

低印刷スピード

従来の熱転写よりは効率的ですが、「フィルムへの印刷」と「熱転写」の2ステップである点は変わらないため、DTGプリントやシルク印刷に比べると手間が掛かります。

プレス跡残り

これも熱転写特有のデメリットですが、印刷対象の素材によってはプレス跡が残る場合があります。(レザーや紙、PVAなどは特に残りやすいです。)

熱プレス跡の例
PVA(ビニル素材)へ転写印刷した場合のプレス跡の例

DTFプリントの実績

エコラボジャパンでのDTFプリント実績を一部公開します!
もし気になる商品などあれば、各商品ページの「見積依頼」よりお問い合わせください。

鮮明なフルカラー印刷です。

キャンバストート

かわいいランチバッグも作れます。

ミニキャンバストート

花火の細かいデザインも!

収納トート(ブラック)

※幅1mm未満の線や点はカスレ・途切れになることもあります。

ポリエステルや不織布にも印刷できます。

折りたたみ保冷トート(ダークグリーン)

※ベタ部分にはムラが生じる場合もあります。

ポーチやサコッシュへの印刷もオススメ!

スプレッドポーチ(グリーン)

夏にぴったりなクールタオルもお洒落に!

アイスタオル(ホワイト)

ここで紹介した以外にも、エコラボジャパンではお客様ご要望のデザインを様々な商品にプリントし、オリジナルグッズ製作を行っております。

印刷は商品1点でもお受けできますので、名入れしたい商品がございましたらお気軽にお問い合わせください。

フリーダイヤルは0120959799です。受付時間は土曜日、日曜日、祝日、お盆、年末年始を除き、午前9時から12時および午後1時から5時までとなります。

オリジナルTシャツの製作はじめました!

DTFプリントを使ったオリジナルTシャツが作れます。
自身のオリジナルシャツ、展示会やスポーツ、お祭り、パレードなどのチームウェア(ユニフォーム)などにいかがですか?

製作は1枚から、フルカラーももちろんOKです。
以下ページに取り扱いTシャツを掲載していますので、お気軽にお問い合わせください。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次